• 五十嵐大輔

お金の計画は順番が大切

みなさま、こんにちは。DSKです。


先日、お客様から「お金を増やすにはどうしたら良いですか?」と相談があったので、「どれくらいあれば良いんですか」と聞くと「分からないけど、出来るだけ」という返答を頂きました。


お金を増やしたい気持ちは分かりますが、計画がないと頓挫しかねません。


まずは計画を立てるところから始めていきましょう。


ということで、本日のテーマは【お金の計画は順番が大切】です。


資産形成にも王道の順番がある

老後資金2000万問題があってから、資産形成に積極的になった人が増えました。


しかし、目的や目標がなく「とりあえずお金を増やしたい」というところから始めているケースが多くあります。


資産設計をするためには順番があります。


1、どんな生活をしたいか

2、そのために必要な資金はどれくらいか

3、いつまでに資産を作るか

4、今の資産をどんな配分にしていくか

5、銘柄や手法、タイミングを調査する


この順番で行うことで、資産や年数を視覚化し進捗状況を確認する事ができます。


進捗が分かる事で判断もしやすくなりますし、軌道修正もしやすくなります。


本来はこの流れが必要ですが、間違った順番で始めようとしている人が多い様に感じます。


投資にも目標を作る

順番を間違えると言っても、人によってパターンがあります。


人それぞれありますが特に、多いものに手法や銘柄などから入るパターンがあります。


そういた人は、必要な資金やいつまでに作ると言った目標が抜けている人が多いです。


目標を考え、期限を作ることによって必然的に配分や手法は決まってきます。


投資のリスクとリターンは比例しています。


老後の生活費を作る投資であれば、比較的ローリスクを選ぶ事になると思いますが、期限が65才なのか75才なのか、それか早めに55才なのかによって必要なリスクは変わってきます。


逆に、来年までに倍にしたいというのであれば、FXでレバレッジをかけたり株の信用取引をするなど、ハイリスクで行う必要があります。


投資を行う上では、ゴールとリミットを明確にしていく事が大切です。


ゴールから逆算したらあとはやるだけ

ゴールとリミットが明確になったら、あとはそれに合わせて決めていきます。


60歳で資産5000万をつくる。


それには今の預金や収入をどう配分していくか。どれくらいの利率なら達成できるのか。を組み合わせて判断していきます。


決めて始めたら、定期的に進捗を確認しながら続けていくだけです。


目的や目標がなければ、何を選んで良いかの判断基準もありませんし、このまま続けて大丈夫なのかという不安も付きまといます。


それでは良い投資はできません。



誰も損しようと思って投資はしていないと思います。


順番を意識して、良い投資を行なっていきましょう。










LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



3回の閲覧
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.