• 五十嵐大輔

これから不動産投資を始めるのはもう遅い?

みなさま、こんにちは。DSKです。


今年に入ってから、知人やお客様から「不動産価格も上がってるし、今は不動産投資は止めた方が良いですか」と聞かれることが多くなりました。


確かに数年前より価格は上がりましたし、高条件な物件は少なくなりました。


それでも今から、不動産投資を始めるのが悪いという事はありません。


ということで、本日のテーマは【これから不動産投資を始めるのはもう遅い?】です。


一時期の不動産投資ブームは落ち着いた

ここ数年、不動産投資ブームが続いていました。


あまりに加熱しすぎた事でスマートデイズやレオパレスの問題などが出たり、金融庁から融資の締め付け等が行われました。


また需要が高くなったことにより、投資用不動産の物件価格も以前より上昇しました。


物件価格が上昇したり、融資が厳しくなったことにより、不動産投資ブームは一時期ほどの勢いはなくなり、最近は大分落ち着いてきました。


最近の世の中の風潮もあってか、不動産投資を検討している人の中には「今は不動産投資は止めた方が良い」と考えている人もいると思います。


中には「不動産投資はもう終わった」という人も出てきました。


不動産投資はもう下火?

では、不動産投資はもう始めるには遅いのでしょうか。


結論から言うと過剰なブームが落ち着いただけで、不動産投資自体が終わった手法になった訳ではありません。


確かにアパートはかなり厳しくなりましたが、区分はまだ手が届く範囲です。


「でも物件価格が高いから今は止めた方がいい」という人もいると思います。


確かに物件価格が高い時に購入して、安く売るのは避けたいですよね。


ですが、日本での不動産投資はインカム狙いなので、物件価格が高くてもインカムが入れば問題ありません。


また今後売却することになったとしても、売却するのは10年以上は先です。


10年も先になると、相場はどうなるか分かりません。


今より安くなるかもしれませんが、高くなることも十分にありえます。


仮に安くなっていても、その時にインカムが問題なく出ているのならば急いで売る必要はないので、相場の回復を待てば良いのです。


むしろ安くなるまで待ってはみたが、その時になって肝心の融資が付かない方が問題です。


始めはコツコツでも積み上げていく

インカムが大事といっても、成功大家さんの本や講演などで一生懸命勉強している人にとっては「今は利回りが低い」といって敬遠する人もいると思います。


ですが多くの成功大家さんは、リーマンショック直後など誰も不動産投資に見向きもしなかった時代に、リスクを取って飛び込んだ結果で今は状況が違います。


その時とは違って利回りは低くコツコツかも知れません。


ですが、何事も始めから大きく利益を得ようとするとリスクも高くなります。


現状は確実にインカムを取りながら、コツコツと実績や資金を貯めておく事が先決です。


そして、いざ勝負という時の為に信用や経験を増やしておく事が大切でしょう。










LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



3回の閲覧
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.