• 五十嵐大輔

なぜ初心者こそ米国株投資なのか

みなさま、こんにちは。DSKです。


私は知人から「投資を始めるなら何から始めたら良い?」と聞かれることが多くあります。


その人によっても変わりますが、多くの場合は「アメリカのインデックス投資が良い」と説明します。


なぜ初心者に日本ではなく、いきなり海外を進めるのか。


ということで、本日のテーマは【なぜ初心者こそ米国株投資なのか】です。


馴染みがある事を重要視する

新たに投資を始めようと考える時に、日本株から始めようとする人が多くいます。


なぜ日本株なのかという質問をすると「日本なら知っている企業が多いから」という理由があります。


勝てる要素があるわけでも、他のリスクを考えたわけでもなく、単純に「馴染みがある」という理由で選んでいるのです。


しかし、馴染みがあることと勝てることとは別物です。


その企業の会計情報を分析していたり、将来的な動向、経営者の能力や人格を把握しているくらい馴染みがあるならば良いのですが「何となく聞いたことあるし」程度ではただのギャンブルです。


人は知らないものに対しての恐怖感があるために、良し悪しよりも「馴染みのあること」を優先してしまうのです。


投資は精神論より数字

馴染みのあるに投資したい気持ちも分かりますが、投資では数字が大切になります。


投資の目的は資産を増やすことなので、資産が増えるものを選択しなければなりません。


そのためには情報を手に入れ分析して投資をする必要があります。


しかし、それには労力も必要ですし経験もためていく必要があります。


これから始める人にとっては、ハードルが高くなるでしょう。


なので初心者には、あえて米国株から入る事をお勧めします。


理由として、まず米国市場は世界の半分近くの時価総額と圧倒的な規模を持っているため、一般人のリテラシーも高く投資環境が整っています。


また、米国では家計資産のうち株・投資信託が40%以上を占めています。


米国の株式市場の停滞=米国民の衰退となるため、政府も市場を考えながらの政策が多くなります。


さらに米国は現在でも人口が増加しているので、今後も経済が拡大していくと見られます。


将来のことは分かりませんが、現状の可能性で言えば米国が一番、初心者でも資産形成がしやすい環境が整っています。


個別株よりインデックス投資から

しかし、いくら右肩上がりで投資環境が整っていても、相場変動はあるので下がっていく銘柄もあり、初心者にとってハードルの1つとなる銘柄選定は残ります。


銘柄探しは大変だと感じる人は、まずは米国インデックス投資をおすすめします。


相場全体に投資すれば、細かい銘柄選びに労力を咲く必要もありません。


それに米国インデックスは長期的に見れば右肩上がりなので、資産を増やしやすいでしょう。


リスクを抑えて資産形成をしていくという点では、米国インデックスは効果的です。


海外ということで不安もあるかも知れませんが、初心者が自分の感情で投資するのはリスクが高いです。


初心者ほど、大勢が結果を出せているところから経験を積んでいきましょう。










LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



1回の閲覧
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.