• 五十嵐大輔

保険を手放す勇気

みなさま、こんにちは。DSKです。


保険の見直しをしている時に、よく「大人なら保険に入る」と言う常識は根強いなと感じます。


年配の方から、散々保険は大事と言われてきているせいか、「保険を減らすことへの不安」を感じる人がまだまだ多いですね。


ということで、本日のテーマは【保険を手放す勇気】です。


保険を見直しても大して下がらない

最近は保険料の見直しをする人が増えて来ました。


そこでネットでの比較や、保険の窓口などの代理店に行く人もいると思います。


同じ内容で金額を比較するならばそれで良いと思いますが、保険料を節約したいと考えているとしたら、あまり効果は期待できないでしょう。


よく保険は高いと言われますが、保険内容で考えたら決して高いわけではありません。


本当に必要としているのであれば「この金額でその保障が出るのは安いな。」と感じるものもあります。


ネットでは、ただ「保険の見直しをすれば安くなる」と誇張して言っている場合がありますが、保険料を節約するために必要なのは「保険内容の削減」です。


保険に入ったら一人前?

保険の見直しの相談を受けている時に「それだけで大丈夫なんですか」と言われる事があります。


その時逆に「どう思いますか」と聞くと「少し不安です」と言われることもあります。


今でこそ保険を節約する人が増えましたが、数年前までは社会に出ると「ちゃんと保険には入っているのか」という質問を上司や親族などから言われました。


まるで保険に入っている事が”一人前の大人”かの様な扱いでした。


そういった風潮は根深く、保険を減らすことに不安を感じる人はまだ多いです。


ですが、この”不安”は常識によって作られたものです。


常識は上の世代の価値観の押しつけが多くあります。


保険料の節約には、こう言った押しつけられた保険の価値観を捨てる事が大切です。


保険はなくせるのが理想

ではどれくらいの保険を手放すと良いのか。


理想で言えば、生命保険に関しては「全て」です。


本来、保険は万が一の際に生活が破綻しないためのものです。


生活防衛資金があり、今後も資産形成を行えるのであれば保険はなくとも問題ありません。


しかし、みながそういう訳でもないので、個々人の状況によって最低限は必要でしょう。


貯蓄もなく生活費もギリギリで、病気になったら生活ができない場合には、最低額の医療保険や損失保障のがん保険などが良いでしょう。


また子供が小さく収入が片働きなどの場合には、掛け捨ての収入保障があると良いと思います。


ですが、これらは防衛資金ができるための一時的なものです。


勇気を出して最低限の保障内容にし、浮いた分で本当に安心できる土台を作っていきましょう。










LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



1回の閲覧
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.