• 五十嵐大輔

投資が簡単になったからこそ十分な理解を

みなさま、こんにちは。DSKです。


先日、友人と話をしている中で「最近は自動売買とか出て来たから、お金を入れて任せれば増えるんでしょ」と言われました。


大まかすぎて、一概にその言葉だけでは否定も肯定も出来ませんが「自動で増える」という認識しかないなら辞めた方が良い。と伝えました。


最近は簡単に投資を行えるようになりましたが、何も考えなくて良くなった訳ではありません。


ということで、本日のテーマは【投資が簡単になったからこそ十分な理解を】です。

初心者のハードルが下がったが…

最近ではアプリやポイントでの投資、各証券会社が手数料を下げるなど、初心者でも簡単に投資が始められる様になってきました。


また、AIなどの技術向上や質の情報収集が容易になったりと、初心者でも利益を受け取れる環境が広まってきました。


その分、何となく人から勧められたりネットで流行っているからという理由で、しっかりと理解せずに投資をしてしまい損失を出す人も増えてきています。


せっかく始める人が多くなって来たので、損をする人は減ってもらいたいですね。


異常な数値に気付けるか

ネット広告や人からの情報で「月利5%」や「年利30%」といった宣伝文を見たことがある人も多いでしょう。


増やしたいから投資を検討している時に、そういった宣伝文はとても魅力的です。


しかし、異常な数値に気づかなければ詐欺に会う可能性があります。


投資の神様と言われるウォーレンバフェットでさえ、平均の年利は20%ほどです。


一般的に年利10%でさえ平均的に出すことは、とても難しいことなのです。


こういった基準が分かっていると、月利5%や年利30%が異常な数値だと分かり、慎重になります。


もちろん単体の月や単年であれば、それくらいの%になる可能性は十分にあります。


しかし「どれくらいの期間の平均なのか」「今後も続く見込みがあるのか」「リスクはどれくらいあるのか」など、十分に検討する必要はあるでしょう。


ロボットを設定しているのは人間


では、最近流行のAIやロボットなら、人間以上の成績を出せるのではないか。


そう考える人もいるでしょう。


しかし、AIなどの技術は「◯◯で買って、〇〇で売って」など、人間が設定します。


人間の手間や感情的な行動をなくしたり、判断スピードや情報量を上げるためには効果的です。


しかし、ロボットだからと言って人知を超えた投資成績を上げることが出来る訳ではありません。


自動売買ツールも、その投資を理解して正しい設定が出来る人が利益を得ています。


ツールは、労力を削減するためのものであり、楽してお金を生み出す錬金術とは違うのです。


もちろん、情報や技術のおかげで投資のハードルや労力は格段に下がっているのも事実です。


しかし、だからと言って「誰でも」「簡単に」「楽して」大金を得られる訳ではありません。


現代は投資のハードルも低くなって良い時代です。


十分な理解をして資産形成を行なっていきましょう。










LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



1回の閲覧
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.