• 五十嵐大輔

投資は投資、保険は保険

みなさま、こんにちは。DSKです


先日、お客様から個人年金保険について「どの会社が良いのか」ご相談をいただきました。


お金を増やしたいと思っているのなら、どこにも入らないことをお勧めしました。


増やすのと守るの一緒に行うとどっちつかずになります。


ということで、本日のテーマは【投資は投資、保険は保険】です。


貯蓄よりはマシだから保険に入る

老後2000万問題があり、多くの人が将来への資産形成を始めました。


その中で将来資金のために、個人年金保険を検討している人もいると思います。


自分で投資を行うのは怖いけど、銀行にお金を預けていても全然増えない。


それなら万が一の保障も付いているし、銀行よりは増える個人年金保険を選択することになるでしょう。


貯蓄もなく生活が赤字の人も多いこの時代に、堅実に資産を増やそうと行動することは素晴らしいことです。


ですが、資産を増やそうと思っているのならば、個人年金保険はお勧めしません。


その理由は、個人年金保険は運用に回る量が少なくなるからです。


保険で運用はロスが大きい

本来保険とは、最低限の金額で万が一に備えるためのものです。


そのため保険以外のことを求めると、その分の保険料を支払う必要があります。

これは個人年金保険でも同じことです。


個人年金保険は「掛け捨て死亡保障」と「運用」のセット商品です。


これを別々に行った場合と、セット商品にした場合どう違ってくるのか。


国内トップレベルの個人年金保険Bの例で言うと


35才男性、死亡保障1000万、60才まで毎月約2.8万円の積立

25年間で総支払額は840万


これが年平均3%で増えれば1000万、6%で増えれば約1530万の解約返戻金になります。


それに対して、掛け捨て保険と投資で分けた場合


毎月の保険料2000円×25年間で60万円

残りの2.6万を25年間運用すると


年3%なら1160万、6%なら1810万となります。


掛け捨ての保険分を差し引いて、その差額は100〜200万以上です。


同じ投資と保障でも、セットにするか別々にするかで、これだけの違いが出てくるのです。


守ることと増やすことを切り分ける

別々にやればその分得をするのに、なぜみんなやらないのか。


よく言われるのが「自分で運用なんて出来ない」というものです。


ですが、個人年金保険で唱っている利率くらいであれば、インデックス積立で出せる可能性は高いです。


同じくらいでやれるのであれば、投資効率は上がりますし、いざ必要となった際の流動性も違います。


投資や保険のタイミングや、保険の見直しの柔軟性も大きく違います。

少しだけ頑張って、効率的な資産形成を行なっていきましょう。











LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!





0回の閲覧
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.