• 五十嵐大輔

iDeCoを始めるなら慎重に

みなさま、こんにちは。DSKです。


お客様から「iDeCoってどうなんですか?」と聞かれることがよくあります。


節税効果などメリットも説明した上で「あまりおすすめしない」と答えました。


iDeCoに限らずですが、デメリットも踏まえて慎重に検討する必要があります。


と言うことで、本日のテーマは【iDeCoを始めるなら慎重に】です。


iDeCoは税制優遇のメリットがある


将来の老後資金に対して「年金だけでは足りない」と言うニュースが出てから、iDeCoを開設する人が多くなりました。


iDeCoには入り口・途中・出口の3つで税金の優遇処置があります。


入り口は掛け金分の所得控除、途中は利益の非課税、出口は退職控除や年金控除です。


これらのことから検討している人も多いと思います。


確かに税制の優遇は大きなメリットです。


ですが節税にばかり気を取られて、焦って行動しない様に気をつけましょう。


iDeCoは60才まで引き出せない


iDeCoのデメリットに、60才まで引き出せないと言うものがあります。


また、期間が10年に満たない場合には60才になっても解約できないので、50代などは特に注意が必要です。


60才まで引き出せないと言うことは、著しく流動性が低くなるので、その分リスクも上がります。


まず、急な資金が必要になった場合でもiDeCoから引き出してくることが出来ません。


さらに加入が10年未満だと引き出し年齢が遅くなります。


60才で考えていると数年分ですが、計算が狂うかもしれません。


そして20代から始めると、40年近くを縛られる事になります。


今は変化の時代です。


社会がどう変わるか分からないのに40年縛りは長すぎます。


このデメリットはとても大きいでしょう。


最低額だと維持管理費が高い


ならば最低額の月5000円で運用して様子見しようと考える人もいると思います。


ですがその場合、毎月の手数料がネックになります。


iDeCoの維持管理には事務手数料、資産管理手数料、信託報酬、運用管理手数料がかかります。


信託報酬はiDeCoに限らずかかりますし、運用管理手数料は0円のところも増えてきたので無視するとしても、事務手数料は年間1260円、資産管理手数料は792円から酷いものは7000円ほどかかり、最低でも年間2052円かかります。


仮に最低の月5000円を積み立てると年間60000円なので、年間維持費で年間3%以上を取られる事になります。


この様に、iDeCoは節税効果が期待できると同時に、注意するべきところもあります。

将来まで見越して、開設の有無や金額を判断していきましょう。






LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!


1回の閲覧
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.