​固定費削減!

どのくらいが目安?

お札と小銭

 ​まず見直すべきは

3大固定費 

自然光の差し込む部屋

住宅費

家賃の目安…世帯収入の30%と言われていますが

​資産形成を考える場合は世帯収入の

20%を目安考えましょう。

ただ、職場の場所や収入によっては難しい場合もあるので

20〜30%の中でバランスを取ります。

例えば…

東京勤務 独身 月収25万 → 7.5万(30%)

地方勤務 夫婦 月収40万 → 10万 (25%)

東京郊外 家族 月収80万 → 16万 (20%)

※収入が上がると家賃も上げる方が多いですが

収入が上がるほど、家賃割合は下がっていく事が理想です。

 
病院の廊下

生命保険

「社会人なら保険くらい入っていないと」

これが長らく日本の常識でした。

ですが保険は本来

「できる限り入らない」

ことが大切です。

しかし、全くの無保険は嫌だと感じる方が多いのも事実

ではどれくらいが妥当なのか?

例えば…

25歳 独身 → 医療保険のみ 1000〜1500円

35歳 夫婦 → 医療保険✖️2 3000〜4000円

45歳 家族 → 医療✖️2+収入保障 6000〜8000円

※老後の備えとして、養老保険や個人年金保険はいらないのか?

→投資で作りましょう。

 

※これだけじゃ生活水準が下がってしまうのでは?

→"万が一"の時は同じ水準を諦めましょう。

​  保険は生活が破綻しないためのものです。

これに+αしても基本的には1万円以内に収めると良いでしょう。

レスポンシブウェブサイト

通信費

インターネットが普及し、今では住宅、生命保険

についで大きい買い物となった通信費

光回線など固定回線は大きな差はなくなりましたが

​スマホ用SIMは大手とは大きな差があります。

固定回線と組み合わせる、複数持ちをする、

家族単位で変更する、などにより

月額数万単位で下がる場合があります。

例えば…

 3ギガ → 1500円

10ギガ → 3000円

3ギガ✖️4+光回線 → 10000円

※大半は問題ないが、どうしても品質は大手に劣る

​どの程度許容できるか、使い方など考慮が必要

 
 

他にもある​見直せる固定費

電気料金

現在は電力自由化されています。

比較サイトや自身のよく使うサービス

関連した電力がないか確認しましょう。

サブスクリプション

新聞や動画、音楽などの定額課金

複数のサービスをまとめて全体で

固定費を下げられる場合があります。

自動車関連

普段あまり乗らない車はレンタカーへ

余計な保証のついた自動車保険など

本当に必要か見直しをしましょう。

ガス料金

賃貸やマンションの方は難しいですが

戸建ての方は比較サイトでガス料金が

安くなる場合があります。

幽霊会員

ジムや習い事など「いつか行くかも」

とただ支払っているだけの会費は

​ありませんか?見直しましょう。

定期購入

サプリメントやコンタクトレンズなど

定期購入で余っているものありませんか

​毎回必要な分だけ購入する方が安いかも

東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.