• 五十嵐大輔

新しい年の始まりにお金の計画も立てよう

みなさま、こんにちは。DSKです。


2020年が始まり10日間が経ちました。


「新しい年になった事だし、今年はどんな年にしようか」と目標を立てた人も多いでしょう。


年始は目標設定するには良いタイミングです。


同じ様に、お金の計画も立てやすいタイミングになっています。


このタイミングでお金の計画も立ててみましょう。


ということで、本日のテーマは【新しい年の始まりにお金の計画も立てよう】です。


年始はお金の計画を立てやすい



新年が始まり今年の目標や、仕事の計画を新しく立て直した人も多いと思います。


年始は目標を立てるのに良いタイミングですが、これはお金の計画を立てる上でも良いタイミングとなります。


年末調整などで年間の収入がいくらだったのか。


そのうち、使える手取り額はどれくらいなのか。


お金を多く使う12月が最後にある事で、年間を通してどれくらいの支出があるかが把握しやすくなります。


年始は気持ちの面でも、お金の面でも良い具合にリセットされるタイミングなのです。


お金計画を立てるには



ではどうやってお金の計画を立てていくのか。


まずは昨年の収入や支出、保有資産と負債の量を確認します。


収入-支出はプラスだったのか。


ここでマイナスだった場合は、キャッシュフローがプラスになるために、家計の見直しを行う必要があります。


貯蓄にしろ投資にしろ、まずは年間の収支を黒字にする事が最重要になります。


黒字であっても、固定費や日々の買い物は適切だったのか。


今よりもっと余裕を持たせる事が出来ないかを考えます。


その後、その黒字で負債を減らすのか資産を増やしていくのかを考えます。


負債があっても、返済利率と投資運用益とを比較して、増える量が多ければ投資を行なった方がよくなります。


返済や投資の方向性が決まったら、それをどれくらいのペースで行なっていくのか計画していきます。



計画を実行するために


しっかりとした計画を立てることは大切ですが、それと同時にそれを実行する事も大切になります。


しかし、みなさんも経験があると思いますが、不思議と予定より増えないものです。


この原因の1つは「意思の力」で頑張ろうとする事です。


基本的に人間は、よほど意思が強い人でなければ計画通りにはいきません。


そのため、目標を達成できずに終わる人が多いのです。


その解決法としては「先取り」による貯蓄や投資、返済を設定しましょう。


資産形成において、計画を実行できる様に自動振り込みや引き落としに設定してしまう事が、計画を達成するためには一番確実で簡単な方法です。


その時は「何かあった時に大丈夫かな」と不安になりますが、一度そうした設定をすると何とかしてしまうものです。


年始はお金の計画も立てやすいタイミングです。


ぜひ、このタイミングで1年のお金の計画を作って資産形成を行なっていきましょう。









LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



0回の閲覧
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.