• 五十嵐大輔

身近なところから投資に興味を持ってみる

みなさま、こんにちは。DSKです。


以前、友人に「投資しなきゃって言われても、難しそうだしあまり実感がわかない」と言われました。


「楽天でポイント貯めてるでしょ。それも投資の1つだよ」と説明すると、「どういうこと?」と興味を持ってくれました。


投資を難しいものと考えず、身近なものから興味をもってみるのも大切です。


ということで、本日のテーマは【身近なところから投資に興味を持ってみる】です。


興味を持つと知りたくなる

老後の資金などの不安で、投資を始めようと思う人が増えてきましたが、「始めた方が良いんだろうな」くらいで、あまり関心のない人もいます。


投資はする必要はないと思っている人は別に問題ないのですが、「やった方が良い」と感じているのに、やらないのは損失です。


ただ、投資の様に難しいイメージがあると、なかなか勉強したり経験してみるのも気合が必要です。


あまり気合を入れずに行動するためにはどうすれば良いのか。


それは興味を持ってみるということです。


これは勉強でも何でもそうですが、興味を持つと「なんでだろう」「どうなっているんだろう」と知りたい欲求が芽生えてきます。


知りたいと思えば、難しい事でも苦労は少なく学ぶことが出来ます。


興味を持つには身近な存在にする

投資を難しそうと感じる人の理由に「よく分からない」というものがあります。

よく分からないから、難しいと感じてしまいます。


それは社会的に投資と呼ばれるものを考えようとするためです。


いきなり株やFXを本気でやろうとすると、テクニカル分析やファンダメンタル分析、PERがどうたら、経済指標をチェックして、移動平均線が…


など言葉を聞いただけで拒否反応が出そうですよね。


なので、もっと身近なものから興味を持っていきましょう。


例えば、どの銀行の利率が良いのか調べて、銀行預金をするのも投資です。


また年会費を払ってでもカードのランクを上げて、年会費以上のポイントを稼ぐのも投資と言えるでしょう。


資金を投じることで利益を出すという感覚を知れば興味が出てきます。


興味が出れば知りたいという欲求が高まり、学びが面白くなってきます。


学びが面白くなれば、もっと深く知りたくなりスキルや知識が深まっていきます。


いきなり大勝ちを狙わない

こう説明すると「そのレベルと投資は違う」という人もいるでしょう。


ですが、最初から難しい事を学ぼうとして挫折するより、楽しみながらでも着実に知識が増えていった方が良いです。


株やFXなどから始めるにしても、まずは好きな会社や事業を調べてみたり、旅行先の通貨為替を調べてみるところからでも良いと思います。


試しに数万円でも、資産がどう動くのか見てみるのも経験してみるのも方法です。


「投資を勉強しよう」と固く考えずに、まずは労働以外でお金を増やすことに興味をもってみると良いでしょう。








LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



1回の閲覧
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.