• 五十嵐大輔

45才以上リストラの理由と備え方

みなさま、こんにちは。DSKです。


先日「もう終身雇用は完全に終わりに向かっているね」と知人が言っていました。


最近は大手の45才以上リストラの話もあり、終身雇用の限界を感じます。


ですが、なぜ脂ののっているはずの45才以上なのか。


またどんな対策をしていけば良いのでしょうか。


ということで、本日のテーマは【45才以上リストラの理由と備え方】です。


なぜ45歳以上がターゲットにされているのか

ここ数年で大手のリストラのニュースが何度も世間を賑わせていますね。


親世代から「一生安泰だね」と言われていた銀行員たちでさえリストラされる時代になりました。


なぜ、これだけ人手不足が叫ばれている中、しかも「一番脂がのっている」と言われる45歳以上がターゲットになっているのか。


昔、企業はなんでも出来るゼネラリストを欲しがりましたが、今は高い専門性を持つ人材が必要になりました。


しかし、年功序列制度が残る日本では、若い専門家より年長のゼネラリストの方が高給になります。


そうすると企業としては、生産性が低い年配者を切るというのが当然の流れになります。


これが45才以上がターゲットの大きな理由です。


断わっておくと、45歳以上が仕事ができないという訳ではありません。


そう育てた企業が時代に合わないからと捨てた形になるので、この世代は日本社会の被害者でもあります。


今のうちから出来る対策とは

急なリストラは悲劇ですよね。


現在は45歳以上がターゲットですが、今後この年齢が下がってくることも十分考えられます。


では、悲劇にならない為にどうすれば良いのか。


1つは専門家になること


現在企業ではゼネラリストより専門家が必要とされています。


また専門性を高めれば、今いる企業だけでなく他の企業からも必要とされるので、倒産などで会社ごとなくなっても再就職が容易になります。


2つ目は事業を行うこと


自分で事業を起こせば、主乳の柱が増えるので会社に依存する必要がなくなります。


最近は副業を推奨している企業も多いので、副業から始めて収入を柱を作っていきましょう。


3つ目は投資収益を得ること


これは事業を行うのと同じで、不動産や株のインカムゲインがあれば、収入の柱が増え会社に依存する必要がなくなります。


今はそう悪い時代でもない

上記は方法たちには共通している事があります。


それは「個人で社会で生きていける力がある」と言うことです。


どこの後ろ盾がなくても自分自身に価値を持っている人は、どんな状況でも生き残っていけます。


もちろんそれは大変なことですが、不可能ではありません。


今の時代は終身雇用が崩れ、大手に入っても安定する保証はどこにもありません。


ですが、昔のように転退職をしても白い眼で見られませんし、事業や投資も始めやすい環境です。


「これをしていれば良い」という訳ではないですが、選択肢は昔より沢山あります。


どの時代が良い悪いではなく、その時代の良さを使って楽しく生きていきましょう。










LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



1回の閲覧
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.