• 五十嵐大輔

相場暴落だからと投資を始める人の注意点


みなさま、こんにちは。DSKです。


先日、知人から「株価が下がってるから、投資するなら今がチャンスなんでしょ?」と聞かれました。


確かに今は相場が下がっているので、今後大きく資産を増やせるチャンスではあります。


しかし、だからと言って注ぎ込み過ぎることは危険です。


投資に絶対はないことは忘れてはいけません。


ということで、本日のテーマは【相場暴落だからと投資を始める人の注意点】です。


今が底とは限らない

最近のコロナショックで、今がチャンスだと口座開設を始める人が増えています。


ネットなどで「今は相場が安いのでチャンス」という情報が溢れているのも理由の1つでしょう。


確かに今は相場が下がっているので、投資を始めるのには良い時期だと思います。


リーマンショックの時にも、相場が下がっている時に投資をして、大きく資産を増やした人もいます。


ただ、だからと言って闇雲に始めるには注意もしなければなりません。


それは「今が相場の底とは限らない」ということです。


実際にリーマンショックの際に、底だと思って開始したが、さらに値下がりして慌てて損切りをした人もいるのです。


プロのトレーダーだとしても、未来を確実に予測することは不可能です。


まだ下がるかも知れないという準備はしておくべきでしょう。


安いだけで判断してはいけない

相場が下がって株安になっていると勇んで購入しても、この不況に耐えられず潰れてしまっては意味がありません。


初心者の場合、プロでも難しい銘柄選択はリスクが高くなります。


では、どうすれば良いのか。


それは相場全体に投資をするという事です。


個別銘柄は不景気で倒産する事もありますが、日経平均やS&Pなどがそう潰れになる事は考えづらいでしょう。


仮に総潰れになってしまったら、それこそ投資どころではありません。


相場全体に投資しておく事で、倒産して0になってしまうというリスクは大幅に下げる事ができます。


その上で今後回復して伸びていくであろう場所を分散しながら投資していきます。


アメリカ経済や世界経済は一時期を脱したら、また成長していくと思われるので、そういった場所に長期で投資していく事が良いでしょう。


さらに下がっても大丈夫な範囲で投資する

他にも、開始する際に注意して欲しいことに「自身のリスク許容度内」で行う事があります。


上記の様に将来的に成長していくと思う場所に投資をしていても「いつ回復するのか」「どこまで成長するのか」は分かりません。


また「さらに値下がりする」可能性も否めません。


そのため、今が買い時だからと無理して資金を投資してしまうと、思う様にいかなかった時に撤退することになってしまいます。


自身の意図しないタイミングで撤退する事は、損失のリスクが高めてしまいます。


あくまで長期で待てる資金、下がっても焦らないでいられる金額で投資をしていきましょう。


特に初心者のうちは回復を待つのが大変になります。


じっくり腰を据えられる程度で行なった方が良いでしょう。


そのためにも、自分はどれくらいのリスク許容度があるのか最悪の場面もシミュレーションしておきましょう。


確かに今は投資を始めるには良い時期です。


ですが「このタイミングしかない」訳でも「絶対に得するタイミング」でもありません。

過度に怖がりも焦りもせず、冷静に投資を始めていきましょう。











LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



2回の閲覧
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.