• 五十嵐大輔

元本保証の投資はするべきではない。元本保証と元本確保の違い

みなさま、こんにちは。DSKです。


現在の日本は、老後資産を年金以外でも作っておく必要があります。


初心者の方には、リスクが低く運用を人に任せられる積立投資をお勧めしていますが、よりその際に「元本確保」の商品を提案することもあります。


投資において、”減らさない”ということは大切なことですが、だからと言って「元本保証」を選ぶのはお勧めできません。


投資をする意味がないからです。

では「元本保証」と「元本確保」の違いはなんなのでしょうか。


元本割れ・元本保証・元本確保の違い


元本割れ


「元本保証」と「元本確保」の違いを知る前に、まずは「元本割れ」とは何かを知る必要があります。


そもそも「元本」とは、保険や投資信託など金融商品を購入するのに充てた金額。


いわゆる元手です。


そして「元本割れ」とは、「元本」よりも額面の価格が下がり、金融商品の価値が元本を下回ってしまうことです。


例えば、100万円を元本として投資信託を購入したが、1年後に90万になってしまったと言う場合です。


元本保証


「元本保証」は銀行預金のように、運用期間すべてにわたり元本割れしないことを約束されているものです。


銀行用金は、預金保険制度(ペイオフ)によって、金融機関自体が破産しても1000万円までの預金とその利息が保証されます。


しかし、預金という名前が付いていますが、外貨建ての仕組預金などは償還時に銀行側が適用通貨を決められるので、外貨での償還だと為替レートによっては元本割れの可能性があります。


元本確保


「元本確保」は、基本的には満期時に投資した元本が返還されますが、債務不履行に陥った場合は返還されない場合があります。

(この債務不履行で契約が守られないリスクをカウンターパーティリスクという)


しかし、元本確保の投資信託は複数のファンドで構成されており、ハイリスクハイリターンで積極運用する商品と、ローリスクローリターンで安定運用する商品の組み合わせで、最終的に元本割れをしないように運用しています。



保証にこだわると、自分の首を締める


それぞれの違いをみていくと、それなら「保証」が良いと感じます。


しかし、現在「元本保証」のある投資は『定期預金』だけしかありません。


定期預金は利回りが限りなく低く、増やすと言う目的に全く合っていません。


これは当然で、もし運用が失敗しても保証できる損失でないと困ります。


その結果、出来るだけ安全に安定的なリスクの低い運用先となります。


そしてリスクが低いと言うことは当然リターンも小さくなります。


『減るよりマシ』と考える人もいると思いますが、基本的に社会はインフレしていきます。


保証で額面は減っていなくとも、インフレによって価値は減っていることになります。


今は歴史的な低金利時代です。


その可能性は十分にあります。


また、管理手数料などもプラスされれば、額面さえも減ってしまいます。


時間をかけて資産を減らすなんて、何のために投資をしたのか分かりません。


増やしたいならリスクを取るしかない


「元本保証」の商品は投資と言えないと説明しましたが、「元本確保」だと減ってしまう可能性があるから怖いと言う人もいるでしょう。


しかし、可能性があるとは言っても、その大きさによってリスクも変わってきます。


例えば、日本やアメリカの国債も「元本確保」商品です。


仮にアメリカや日本が破産したら紙クズになるかも知れません。


大切なのは、リスクと信用のバランスです。


基本的にリスクが高い国や企業、商品には高い年利が設定されています。


どこまでリスクを取れるか、どのくらい信用できるのか。


自身の許容度を確認して投資先を考える必要がありますが、怖がってばかりでは増やすことも出来ないことは認識しておきましょう。


まとめ


「元本保証」と「元本確保」は似ている様で、明確に違いがあります。


「元本保証」は名前の通り保証されているので減ることはありません。


しかし、今の金利や将来のインフレを考えると「元本保証」は投資とは言えません。


投資で増やすためにはリスクも受け入れなければなりません。


しかし、ただがむしゃらにリスクを受け入れるのではなく、分析による確率を考えれば博打の様なリスクを負うこともありません。


怖いと思うものでも、学んで意見ば怖くなくなるものです。


まずは小さいところからで良いので、リスクを受け入れて資産形成をしていきましょう。









LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!





7回の閲覧
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.