• 五十嵐大輔

証券口座を複数開設するべき理由

みなさま、こんにちは。DSKです。


投資を始めてみようと思った際に「どこの口座を開くのが良いか」と相談を受けることがあります。


基本はネット口座で良いと思いますが、まずは2〜3口座ほど開くことをおすすめします。


なぜ1つではなく複数開く方がいいのでしょうか。


証券口座は複数開設


投資を始める際に、どこの口座を開くか迷っている人もいると思います。


基本的にはネット証券で人気の楽天やSBI、マネックスなどで良いと思います。


ですが、出来れば2つ以上の口座を開くことをおすすめします。


なぜわざわざ初心者が複数の口座を開くべきなのでしょうか。


複数開設のメリット


では複数口座開設にどんなメリットがあるのか。


いくつか紹介します。


口座の相場を把握しやすい


複数開設して欲しい理由として、口座の相場を把握できるというメリットがあります。


株価の相場でなく、口座の相場?と思った方もいると思いますが、一口に証券会社といっても、それぞれ特徴や強みなどがあります。


扱っている商品も違いますし、手数料なども違いがあります。


複数開設することによって、これらを比較しながら投資するので、手数料や商品の良し悪しなどの感覚が養われます。


これを1つの口座に絞っていると、仮にぼったくられていても気付きにくくなってしまいます。


目的・期間別に投資を分けやすい


2つ目の理由として、目的や期間別など用途によって分けることで、混同しての失敗を減らすことが出来ます。


用途の混ざった状態で、全ての商品の用途を把握するのは大変ですし、売買や調整の際に間違えるリスクが増えてしまいます。


また用途をしっかり把握していたとしても、長期投資と短期投資などを混ぜてしまっていると、短期で儲かりそうな銘柄が出てきた際に、長期を売却して短期を購入してしまう可能性があります。


人間意外と意思が弱いもので、目の前で儲かりそうな商品があるのに「これは長期だからダメだ」と堪えるのは難しいものです。


意思の力に頼らず継続させる為にも、用途を分けた方が良いでしょう。


リスク分散になる


3つ目の理由として、リスクの分散があります。


これは投資先の分散ではなく、証券会社のデフォルトリスクに対してです。


「有名な企業だし大丈夫でしょ」という人もいますが、過去には四大証券会社の1つであった山一證券が廃業したり、有名な企業だから100%安心とは限りません。


それに最近では東証がストップするなど、倒産や不正がなくとも売買が止まってしまう可能性もあります。


止まっている間に暴落がきたりしたらやり切れません。


そういった意味でも、全てを1つの口座に入れておくことはリスクが高いと言えるでしょう。


まとめ


投資を始める際には、複数の証券会社で口座を開くことがおすすめです。


理由としては、


・サービスや商品の比較ができる

・用途を分けることができる

・リスク分散になる


でした。


投資に限らず何事も、比較したり目的別に使い分けたり、リスク下げることはやると思いますが、証券口座でも同じです。


まずは2つ口座を開いて、それぞれの違いを比較していきましょう。











LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



5回の閲覧0件のコメント
東京都中央区銀座8−17−5
アイオス銀座413

Copyright 2020 株式会社DSK All rights reserved.