• 五十嵐大輔

手取り20万を切る若者はいくら貯蓄すればいい?

みなさま、こんにちは。DSKです。


4月、新卒社員が働き出す時期です。


これから自分で働いて資産形成もしていかないといけない。


しかし資産形成に回せる余裕は少ない…。


若者はどれくらい資産形成に回すと良いのでしょうか。


新卒の手取りは17万弱


一生懸命仕事に励み、努力をして仕事を覚える。


そして待ちに待った給料日、手取りを見て唖然とする。


大学を卒業した新卒の平均の初任給は、男女ともに20万前後で、平均年収は200万円~250万円となっています。


所得税や住民税、年金や健康保険が差し引かれて、手取りは16万5,520円にしかなりません。


そこから家賃を払い、光熱費や食費、日用消耗品、スマホなんかの通信費も出ていきます。


「これじゃ資産形成なんてできない・・・」


若者が絶望するのも仕方ないと思います。


ですが、嘆いていても給料が上がるわけでも、年金が増えるわけでもありません。


少しずつでもいいので貯蓄をしていくしかないのです。


では、若者はいくらくらい貯蓄していけばいいのでしょうか。


若者はまず手取りの10%から始めよう。


家計を考える時、平均年収くらいの人に対しては基本的に、手取りの20%ほどを資産形成に回す様にお話をしています。


もちろん人によって必要な支出が違うので、一律ではないですが無理のない範囲で20%は難しくはないでしょう。


ですが、これが20代前半の若者になると話が変わります。


前述しましたが、新卒だと手取りが17万弱


ここから20%だと3万円も貯蓄することになります。


それはなかなか厳しいものがあります。


なので、若い方はまず10%程度の貯蓄を目指しましょう。


新卒の方なら、まずは月に1.5万円を貯蓄します。


そして給与が上がったら、生活費は変えず、上がった分だけ貯蓄を増やしていきます。


生活防衛資金が溜まってない人は、まずそちらを貯めます。


数年経って20代半ばには40〜50万ほどの貯蓄ができていますので、その後は資産形成に回していきましょう。


たった10%と侮るなかれ。


20代半ばになって生活防衛費が貯まり、手取りが20万円くらいになったとします。


そこから毎月10%=2万円を資産形成に充てていきます。


「でも2万くらいじゃ大した金額じゃないし、遊びに使って思い出を作った方が良い」


そう感じる人もいるでしょう。


ですが、たかが2万円と侮らない方が良いです。


仮に2万円を25歳から65歳まで40年間、ずっと貯蓄し続けていたら


銀行預金でも1000万円近くの資産ができます。


年利5%の積立投資で運用し続けていたとしたら、3000万以上の資産になります


「もし途中で積立ができなくなったら無駄じゃない?」


という質問もありますが、仮に2万円だけを年利5%で40年運用したら、その2万円は14万円になります。


今遊びに2万円使うことは、将来の14万円を使うことと同じです。


目の前の金額だけでなく、将来価値も考えて使って言ってもらえればと思います。


将来も大事だが今も大事


同じ2万円でも将来価値を考えた方がいいと言いましたが、だからと言って将来ばかりを気にする必要はありません。


将来のお金も大切ですが、それ以上に今のお金も大切です。


将来のために今が楽しくなくなっては意味がありません。


まずは手取りの10%を目標に、無理をし過ぎない程度で資産形成をしていきましょう。










LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!




9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示