みんなやっている?“みんな”は“あなた”じゃない!

みなさま、こんにちは。DSKです。


最近は投資をする人が増えてきました。


中には「よく分からないけど、みんなやってるし」という理由で投資を始める人がいます。


確かに投資は良いものですし、私は投資をした方がいいと思っている人間です。


ですが、全員にとって正解かというと、そうとは言い切れません。


どんなに良いものでも「みんながやっているから」という理由でやるのはやめた方がいいでしょう。


別に投資はしなくてもいい


近年、老後破産や資産運用という言葉がメディアなどでも飛び交うようになりました。


投資が盛んになることは良いことですし、みんなが豊かになるならばそれに越したことはありません。


ただ最近では、なぜ投資をした方がいいかを考えずに、「みんながやっているから」と投資を始める人も増えてきました。


私は投資をすすめている立場ですが、正直にいってムリに投資はしなくても良いとも思っています。


投資をしなくても破産しない人もいますし、ムリに投資をして失敗している人も見てきました。


大事なのは自分にとって必要なのかどうかです。


問題は思考の停止


本来、投資をする・しな。するとしてもその内容などは個人が自分に合ったものを考えるべきです。


日本のマネーリテラシーが低いのを問題視している人も多いですが、そもそも問題は思考停止ではないでしょうか。


最近ではS&P500に投資する人なども増えました。


確かにS&P500は良いものですが、それは「みんながやっているから」良いものではなく、良いものだから広まったのです。


「みんながやっているから良いものだ」と考えて、思考停止して始めれば、問題が起きたときに対処できないですし、きっと誰かのせいにしてしまうでしょう。


投資は自己責任です。


どんな理由で始めて失敗しても、誰も責任は取ってくれません。


誰のための投資なのか、もう一度考えてみる必要があるでしょう。


自分に必要なものは考える


「でも自分は投資とか分からないし、みんなと同じの方が安心する」


そう言う方もいるでしょう。


ですが、それでは自分にとって最適なものは手に入りません。


みんなと同じが良いと大勢が思った結果、欲しくもないのにマイホームを買ったり、不要な保険に入ったり、無駄に高い車にのって資産を減らしてしまっています。


みんなと同じは安心するかも知れませんが、そう思っているだけで安心でもなければ、自分を守ってくれるものでもありません。


分からないから不安と思っている方もいるのも分かりますが、大丈夫です。


投資にしろ何にしろ、まずは目的や目標あってのものです。


その為の手段として投資をしようと考えたのであれば、自然と勉強していきます。


勉強しないということは、本当に必要だと思ってないのです。


投資をしないとマズイかな。と思っている人は、まずそう思った原因を考えましょう。


それと同時に自分の目的や目標・理想の人生などを考え、その為に何をしていったら良いのかを考えてください


その上で投資が必要だと思ったら始めて、投資の勉強をして投資を行えば良いのです。


周りに流されず、自分の人生「自分事」としてしっかり考えていきましょう。










LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示