• 五十嵐大輔

リボ払いにメリットを感じる危険

みなさま、こんにちは。DSKです。


「リボ払いはやめましょう」


というと、


「毎月一定額になるし、返済が楽になるから良い側面もあるのでは?」


と聞かれる事があります。


ですが、これらにメリットを感じているのは、表面上に騙されているといえるでしょう。


お金の管理ができていれば利用者には、リボ払いはメリットがないといえるでしょう。


リボ払いにして良かった?


リボ払いを利用して良かった点というところで、よく出てくるポイントに


「返済が楽になった」

「一定額で管理がしやすくなった」

「毎月の余剰資金が増えた」

「手持ちがなくても高額な買い物ができる」


などがあります。


確かに使いすぎてしまった月などは、リボ払いにすることによって、その月の支払額は抑える事ができます。


また、毎月の支払額を定額にすることによって、支出の計算などをしなくて良くなるので管理が楽になります。


毎月10万円の余剰資金がある人がリボ払いをすることで、その月の自由につかえるお金を増やす事ができます。


このように、リボ払いを利用することによって、家計管理が楽になり生活に余裕を持たせる事ができるようになります。


一時的なものに流されてはいけない


上記でリボ払いのメリットを説明しましたが、これで「リボ払い良いな」と感じた人は気をつけてください。


上記のメリットは一時的なものです。


リボ払いでその月の支出は減らせるかも知れませんが、利用額が減るわけではないので支払いの繰延でしかありません。


また、支払いを繰延をした分、利息を多く払うことになるので支払う総額は多くなります。


「毎月の支払額が定額になって支出の計算が楽になる。」これも確かに計算は楽になるかも知れません。


ですが、これは定額を支払えばどんなに使っても良いというものではありません。


クレジットカードには利用可能枠があり、使用した分だけ枠は埋まっていきます。


毎月定額の支払いでも、それ以上を使っていればいつかは枠が埋まり、カードの利用ができなくなります。


例えば、利用可能額50万円、毎月5万円の定額、利用額は毎月10万円だとすると、毎月5万円ずつ枠が埋まっていくので、1年足らずでカードの利用ができなくなります。


利用枠は埋まっても支払いは続くので、何も使っていない月に利息の乗った高い利用料を支払うことになります。


それに加えて「カードが使えないと困る」と別のカードを利用すれば、翌月には2つの支払いをすることになり、支払いが滞る可能性も十分にあります。


リボ払いでその月の自由なお金が増えたように見えても、それは将来のお金を前借りしているだけに過ぎないのです。


リボ払いにメリットなんてない


リボ払いでメリットを感じている人は、目の前しか見えていない刹那的な人です。


お金の管理ができている人からすれば、リボ払いにメリットなど全くありません。


お金の管理ができている人は、生活に支障が出るようなカード利用をしないので、その月の利用額を変える必要はありません。


仮に変更したとしても、リボではなく分割で計画的に支払う回数を決めます。


毎月の支払額が定額で計算が楽というのも、お金の管理ができていないから計算が大変なのであって、お金の管理ができていれば毎月違っても把握や計算は難しくありません。


リボ払いを利用する人は、お金の管理ができず、利用額も下げられないので利用することになります。


しかし本来、お金の管理ができない人ほどリボ払いは利用してはいけません。


リボ払いにメリットを感じた人は、一時的なお金に騙されずに長期で物事を考えていきましょう。











LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!





4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示