なぜ「まずは100万円を貯めよう」と言うのか?

みなさま、こんにちは。DSKです。


貯金が出来ていない人に対して、多くの専門家は「まず100万円を目標にしましょう」と言うことが多いのです。


全く貯金が出来ていないのなら、10万円でも良いと思いますし、必要な額を考えてその金額でも良いと思います。


ではなぜ多くの専門家は「100万円」というのでしょうか?


100万円あれば気持ちに余裕ができる


貯蓄のない会社員に対して、給料の3ヶ月分を提案することもあります。


会社員の場合、自己都合で退職すると失業保険は7日間の待機期間+3カ月の給付制限期間が終わらなくては受給することができません。約3カ月は無収入になってしまうため、まずは生活費の3カ月のお金を貯めよう。というのも正解です。


その上で、貯金ができない人に対して100万円を提案する理由としては、気持ちに余裕を持たせるためです。


100万円というのは、ごく一部の人を除いて多くの人にとっては大金です。


その100万円という大金があることで、「いざと言う時でも何とかなる」という気持ちが生まれます。


この気持ちがあることで、次の行動や普段の生活にも慌てることがなく、冷静に判断が下せる様になるのです。


そのため、収入の大小に限らず100万円を貯めることは効果的と言えるでしょう。


達成感と自信がつく


100万円を目標にする理由としては、ちょうど良い目標というのもあります。


貯金に限らず、何かを続けるのにモチベーションをキープするのは難しいものです。


簡単すぎてもつまらないですし、目標が高すぎると挫折してしまいます。


そういった意味で多くの人にとって大金であり、かつ頑張れば現実に手が届きやすい100万円と言うのは、最初の目標とするには効果的な金額だと言えるでしょう。


また、簡単にはできないけど、頑張ればできる範囲というのは、自信をつけるのにも良い目標になります。


一度そのくらいの目標をクリアできれば、その上の金額を貯める際にもハードルは下がります。


また、実際に貯めた経験があれば次回以降は「こうすれば貯められる」という実感があるので、努力の辛さも1回目より少なくなります。


お金を貯められる体質になろう


上でも書いた様に、一度お金を貯められると次からの貯金がグンと簡単になります。


お金に限らず、最初の一歩はハードルも高く目標もとても高く感じます。


それでも、多くの人は貯金したいと思っていますし、今の時代、使う力や稼ぐ力とともに貯める力というのは、とても大切な力になりました。


これからの時代をより良く過ごすためにも、この貯める力を伸ばしていく必要があります。


そのために、まずは100万円という大金だけど頑張れば達成できる金額を貯めて、貯金のできる体質に変わっていきましょう。


もちろん100万円の貯金だけで、人生問題ないとは言えませんが、それをキッカケに投資や副業など、お金に関してのハードルを下げ積極的に資産形成できる様になっていきましょう。


そして、社会状況に負けない強い家計を作っていきましょう。










LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示