• 五十嵐大輔

ドコモが新料金プラン導入!価格競争始まるか?

最終更新: 2020年12月3日

みなさま、こんにちは。DSKです。


12月3日、NTTドコモが新たな月間データ通信容量が20GBで月額2980円の割安な料金プラン「ahamo」を2021年3月に導入すると発表がありました。


人生で高い買い物TOP3に入る通信費。


これを機に企業と国民、ともに通信費の見直しに動く必要がありそうです。


ドコモが格安プランを導入


政府が何度も要請していたスマホ利用代金の値下げ


auとソフトバンクは既にサブブランドで格安プランを導入していますが、ドコモはサブブランドも格安プランも導入していませんでした。


加藤勝信官房長官の再三の要請に、遂にNTTドコモが新たな格安ブランドを設けることを決めたようです。


通信費、特にスマホの利用料金は年々高くなり、近年では人生で高い買い物のTOP3に入るようになりました。


世界基準でも、日本の通信費用(月20ギガ)は世界的にも高額とされています。


今回の新プランは au・ソフトバンクの20ギガプランより1000〜1500ほど安くなり、海外での利用もできるようです。


出典:NTTdocomo「報道発表資料」


また5分以内の通話も無料とのことなので、後発らしく他社の良いところを全て取り入れた様な、とてもインパクトのある新プランと言えるでしょう。


格安SIMは普及率は20%。異例の呼びかけ


ドコモの新プラン導入に「やっとか」と思った方もいるかも知れませんが、私は意外と早かったなと思います。


今年の段階で格安SIMを利用している人は20%しかいませんでしたし、固定費などの見直しで散々、格安SIMの導入が言われていたのにも関わらず、格安SIMに移行する人は少なかったからです。


それを考えると、企業としては「高くても納得している」といった考えになっても不思議ではありません。


しかし、コロナ禍で固定費が圧迫される人が増えたことで、異例の政府から見直しの呼びかけがありました。


マイナンバーやハンコなどもそうですが、政府が様々な改革を行っている中、私たちも生活環境や価値観など、今一度見つめ直す時なのかも知れません。


企業だけに頼らず個人のリテラシーの向上も必要


今回のドコモの新ブランドは、契約手続きをインターネットに特化した仕組みとし、販売コストを圧縮することで、割安なプランを実現するとのこと。


当然料金を下げるということは提供するサービスの削減が必要です。


通信品質を下げるわけにはいかないので、至れり尽せりだった顧客フォローを削減することになります。


そのため、ネットリテラシーの低い方にはハードルが上がることになります。


ただ他のNVNOを状況を考えると、対して難しいことではありません。


多くの人が「よく分からない」と敬遠してしまっていますが、少し慣れてしまえば問題なく行えます。


それを「面倒だからサービスは残せ」と言ってしまうと、いつまでも高額な支払いが必要になります。


価格を企業だけに任せず、自分たちのリテラシーを上げることによって企業の負担を減らし、必要なサービスを適正な金額で提供してもらえるような努力も必要となってくるでしょう。


それでもリテラシーを上げない人は、高いお金でサービスを買ってもらいましょう。


一部のリテラシーの低い人に合わせて、全体が高額になるのは良い状況とは言えません。


今回のドコモの新プラン導入を機に「得をしたければ勉強する」という風潮が広まってくれると良いですね。










LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示