• 五十嵐大輔

見直しくらいすぐにやれば良い

みなさま、こんにちは。DSKです。


そろそろ新生活がはじまる季節ですね。


ALL CONNECTが、新生活のタイミングで見直しを行いたい家計の固定費に関する調査を実施したところ、上位にスマートフォンやネット通信などの費用が上がりました。


しかし、約8割の人は今すぐ見直しをするつもりはないそうです。


理由は解約違約金などの、乗り換えに対する負担が原因とされています。


ですが見直しでお金はかからないので、総額やお得になる時期などを把握するために見直しくらいはしておいた方がいいでしょう。


見直しは乗り替えではなく把握


みなさんが固定費の見直しされているのはどんな時でしょうか。


おそらく


「お金の問題があって削減をしなくてはいけない時」


「契約の更新が来た時」


のどちらかが多いでしょう。


私は定期的に見直しは行うべきだと思っています。


その理由は、「支払い額の把握」「乗り替えなどの準備」「残りの契約期間の把握」「準備する習慣」が出来るからです。


見直しを行うことによって、まず現状の支払額や解約した際の費用が把握できます。


同時に、いつまで解約できないのか、契約の期間はいつまでなのかを明確にすることができます。


また違約金などの費用が発生した場合に、次のプランがいくらならトータルで得になるかが把握できるので、どのタイミングでどの金額以下のプランにすれば良いのか分かります。


これらが分かっていれば、仮に違約金が発生したとしても、総額で考えれば得になる場合に躊躇う必要がなくなります。


準備ができていない状態で更新など、切羽詰まってしまうと「初月無料」の様な目先のお金に惑わされて、結果的に高い費用を払う可能性が高くなります。


準備をする習慣になっていれば、後になって「失敗した」「やっぱりこうしておけば良かった」が少なくなります。


固定費に限らず事前準備は大切です。


その準備をする習慣をつけるためにも、定期的な見直しはしておくべきでしょう。


「面倒だから」が1位!?


この調査結果では「見直しをしたいけれど違約金などの負担があって見直しができない」ことが問題視されています。


ですが、すぐに見直しをしない理由として「別に今のままで満足している」が実態だと思います。


それはすぐに見直しをしない理由で「調べるのが面倒だから」が1位だからです。


お金に切羽詰まっているわけではなく、安くなれば良いけどそこまで気にしていない。


そのため、わざわざ調べてまで料金を安くする必要はないと考えている人が多いのでしょう。


それならそれで見直しはする必要はありませんし、今のままで良いと思います。


ですが、もしその中に「高いから安くなったら良いな」と考えている人がいるとしたら、考え方を変えた方がいいでしょう。


高いと感じているのに、それを改善する努力をしない人は「搾取される人」だからです。


きっと固定費だけではない、様々なところで面倒だからとお金を支払っていることでしょう。


これがお金持ちで、調べる時間をお金で解決するというやり方は賛成です。


ですが、一般の方がそれをやっていると生活が貧しくなります。


将来的にお金に余裕を持たせたいと思うのであれば、調べて見直しをするというクセを付けていった方が良いでしょう。


知的労働で生活に差が出る


見直しに限らずですが、調べることをやるかやらないかで生活レベルは変わってきます。


水回りのトラブルなんかは、知っていれば5分で終わるものでも数千〜数万円になります。


その作業の中には、調べれば数百円で済むものもあります。


世の中には、検索すれば数秒で見つけられる情報を、コンサルタントとして販売している人もいます。


調べるのは無料。コンサルは数十万。


こんなこともザラにあります。


もちろん経験や技術など、調べただけではどうしようもないことも沢山あります。


ですが調べること、見直したりすることを「面倒だから」で放棄していると、必要な費用はどんどん上がっていきます。


必要費用が上がるということは、自分の自由なお金が減るということです。


調べたり見直し等をしているかどうかで、人生の充実度は変わります。


空いている時間を使って、少しずつでも調べたり見直しをしていきましょう。











LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!





3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示