• 五十嵐大輔

保険屋さんに騙された!原因はあなたかも?

みなさま、こんにちは。DSKです。


近年、生命保険へ加入する人や、契約金額が減ってきました。


高額医療制度や、傷病手当、失業手当など、公的保障の内容が周知されるようになってきた結果でしょう。


ただ、このことを知って「保険会社に騙されてた」という人もいますが、ご本人にも原因はあります。


「騙された」と思う前に「無知だった」と反省する方が今後の為になるでしょう。


保険の多くが不要


固定費の見直しをする際に、大きく金額が変わるものの1つに生命保険があります。


家族で入っていると、数万円の固定費削減になることもあります。


法人に至っては、節税のつもりで入っていたけど、差し引きしたら無駄金だったということも少なくありません。


そもそも保険で「元を取る」「節税する」というのは、おかしい話なのです。


保険は万が一の時に、生活が破綻しない為に入るものです。


それを保険に入って「得をする」とすると、どこかで損をすることになる事を理解しておきましょう。


個人の方は、独身なら火災保険、自動車保険(車両保険なし)、くらいしか要りません。


家庭をお持ちであれば、+収入保障や死亡保障が必要なくらいです。


法人の方も、保険での節税の抜け穴は難しくなりました。


保険で節税を考えるなら、運用をして増やした方が差し引きでは得になります。


今一度、保険の必要性を考えましょう。


保険屋さんは騙していない


近年、たくさんの情報がネット上で収集できるようになりました。


これだけ沢山情報があると、知識を得た事で「保険屋に騙されてた」と憤る人もいます。


その気持ちは分かりますが、保険屋さんも一部の人をのぞき、顧客を騙しているわけではありません。


知人にも保険代理店の方も、本来の保険の必要性を説明してくれる良い保険屋さんです。


ですが、話を聞くと


「よく分からないけど、あった方が安心だし」

「万が一があったらどうするんですか?」

「とりあえず入っておけば良いんですよね?」


という方が多くいます。中には


「保険屋さんが決めてください」


という人もいるそうです。


よく分からない。けど、勉強する気はない。


でも安心がいい。


それでいて、もし不要だった場合は「騙された」


これはおかしな話です。


保険屋さんが最適なプランを提示できないのには、詳細を把握できていないお客様にも原因はあるのです。


良い情報を得られるリテラシーまでは頑張る


この様に最善の方法を考えるのには、お客様のリテラシーも最低限は必要になります。


例えば車屋さんに行って、車屋さんから


「どのくらいの頻度で使用しますか?」「ご予算はいくらくらいでお考えですか?」「どの様な用途で使用されますか?」「何年くらい乗られるご予定ですか?」と聞かれて


「よく分からない」では、自分に合った車は買えませんよね。


「どんな車に乗ってるの?」と聞かれて「よく分からないけどトヨタの車らしい」と答えるでしょうか。


当たり前だと思うかも知れませんが、このレベルも保険では「面倒だから考えてない」という人もいます。


なんでも専門家の知識はすごいです。


ですが、その知識を最大限活用するには、引き出せるリテラシーが必要です。


保険屋さんの知識を引き出す為に、最低限のリテラシーは身につけていきましょう。











LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示