• 五十嵐大輔

任意保険未加入?人生諦める覚悟がありますか?

みなさま、こんにちは。DSKです。


保険の見直しなどで、不要な保険もある一方、なくしてはいけない保険もあります。


そのうちの1つが自動車保険です。


しかし、自動車保険には加入が義務付けられている「自賠責保険」があります。


生命保険の公的保障の様に、自賠責だけで事足りるのではないか?


そんな風に考える方もいると思います。


ではなぜ自動車保険は、自賠責だけではいけないのでしょうか。


車を購入したら自賠責保険に加入する


車を購入したら加入する保険に「自賠責保険」と「任意保険」があります


自賠責保険は強制保険とも呼ばれ、車の所有者に加入が義務付けられている保険です。


加入していなければ車検が通らず、一般道を走行することはできません。


一方、任意保険は「任意」というだけあり、加入したい人だけが入る保険で、一般的に自動車保険というと、こちらの任意保険を指します。


自賠責保険が切れた状態で一般道を走行すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金があり、違反点数6点が付加されるため免許停止処分になります。


また、期限切れでなくても自賠責保険証明書を携帯せずに運転した場合は、30万円以下の罰金となりますので、期限切れとあわせて十分に注意しましょう。


自賠責保険の保険料は、車の種別や契約期間だけで判断され、任意保険の様に取扱会社によって保険料が変わるということがありません。


自賠責保険が義務になっているのは、交通事故被害者が保障を受けられないことを防ぐためです。


では、すでに自賠責保険に入っているのに、わざわざ年間数万円を支払って「任意保険」に入る必要があるのかはなぜなのでしょうか。


それには自賠責保険と任意保険の違いについてを理解する必要があります。


自賠責保険と任意保険の違い


自賠責保険と任意保険の一番大きな違いは、物への保障があるかどうかです。


自賠責保険は上述した通り被害者のための保険なので、人に対しての保障しかありません。


事故を起こした際、相手の車の修理費やガードレールの賠償、電車やバスなどの交通機関への保障は全くありません。


「でも物が壊れたくらいなら、そこまで多額にはならないんじゃない?」


原付バイクなど比較的安価な物だけであれば、数十万で済む場合もあります。


ですが、1つの事故で何台もに追突してしまったり、ビルにぶつかりテナントの中までボロボロにしてしまったらどうでしょう。


中には物損事故で億単位の賠償が命じられていることもあります。


これらは自賠責保険ではカバーしてくれません。


すべて自腹で賠償する責任が発生します。


任意保険で物損をカバーすることが大切でしょう。


人身も自賠責だけだと心許ない


「物損は必要でも、自賠責には人身は保障されてるから、任意の人身は不要ではないのか?」といった疑問も浮かぶかも知れません。


ですが、人身であったとしても自賠責保険で十分な保障がされるとは言えません。


今時の任意保険は人身・対物は無制限ですが、自賠責の人身は最高で4000万円です。


「それだけあれば大丈夫なんじゃ?」と思うかも知れませんが、今までで最高の賠償額は5億円を超えました。


4000万円を差し引いた残りの4億数千万円、平均的な生涯賃金より高いですよね。


そういった意味でも、自賠責保険は「最低限」の保障がついているだけで、「安心できる」レベルの保障には到底とどかない保険なのです。


もちろん、ここまで高額な人身・対物は滅多にあることではありません。


ほとんどの人が、支払った保険料の方が高くなる保険でしょう。


しかし、医療保険や個人年金保険などと違って「削減しましょう」と勧めないのは、万が一の金額が大きすぎるためです。


自動車保険に入らなければ、生涯で数百万円お金を節約できるかも知れません。


ですが、たった一度の万が一があれば、車だけでなく人生も再起不能になります。


自動車保険こそ「安心を買う」と割り切って、気持ちよく保険に加入しておきましょう。












LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!



10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示